○関川村健康保養センター「ゆ~む」の設置及び管理に関する条例

平成9年3月25日

条例第1号

(目的)

第1条 この条例は、村民の健康増進と福祉の向上、余暇活動の推進を図り、豊かで明るく若者の定着する活気ある村づくりを推進するため健康保養センターを設置し、その管理に必要な事項を定めることを目的とする。

(設置)

第2条 前条により設置する健康保養センターは、関川村健康保養センター「ゆ~む」(以下「ゆ~む」という。)と称し、関川村大字下関1307番地11に設置する。

(指定管理者による管理)

第3条 村長は、「ゆ~む」の管理を指定管理者に行わせるものとする。

(使用許可)

第4条 「ゆ~む」を使用しようとする者は、村長の許可を受けるものとし、第7条に定める使用料の納入をもって許可されたものとみなす。

(使用許可の制限)

第5条 村長は、次の各号の一に該当するときは、その使用を許可しないことができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗の維持に反するおそれがあると認められるとき。

(2) 公衆浴場法(昭和23年法律第139号)第4条及び第5条に該当するとき。

(3) 施設等を破損し、又は滅失するおそれのあるとき。

(4) その他、管理上不適切と認められるとき。

(使用許可の取消等)

第6条 村長は、次の各号の一に該当するときは、使用者に対し使用許可を取消し、又は変更することができる。

(1) 使用者が、この条例又はこれに基づく規則に違反したとき。

(2) 「ゆ~む」の管理上やむを得ない事由が生じたとき。

(3) 使用許可後、前条各号のいずれかに該当したとき。

(使用料)

第7条 「ゆ~む」を使用する者は、別表に定める使用料を納入しなければならない。

2 村長は、特別の理由があるときは、使用料の全部又は一部を減免することができる。

(使用料の返還)

第8条 既に納入した使用料は、返還しない。ただし、使用者の責によらない事由により使用することができないときは、全部又は一部を返還することができる。

(損害賠償)

第9条 使用者は、「ゆ~む」の施設及び設備等を故意又は重大な過失により破損、滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか必要な事項は、村長が別に規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年12月8日条例第25号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際、現に改正前の管理を委託している施設については、平成18年3月31日までの間は、なお従前の例による。

別表(第7条関係)

関川村健康保養センター「ゆ~む」使用料

区分

金額

摘要

大人1人につき

500円

 

小人1人につき

300円

 

備考

1 この表において大人とは、満12歳以上の者をいい、小人とは、満4歳以上満12歳未満の者をいう。

2 使用料には、関川村入湯税条例で定める入湯税を含むものとする。

関川村健康保養センター「ゆ~む」の設置及び管理に関する条例

平成9年3月25日 条例第1号

(平成17年12月8日施行)